経済・企業深層真相

関氏が流出した日産 トップついえた裏事情

     日産自動車副COO(最高執行責任者)の関潤氏が昨年12月に辞任を発表したことで、日産は不祥事が多発した旧体制に逆戻りする懸念が出てきた。12月1日に内田誠社長兼CEO(最高経営責任者)をトップにアシュワニ・グプタCOO、関氏の「トロイカ(3頭)体制」をスタートさせた矢先、関氏は日本電産に次期社長含みでの移籍を公表した。

     関氏は実績・手腕ともに日産の新社長にふさわしいと言われていた。ところが指名委員の一人のスナール仏ルノー会長が、西川広人前社長と親密だった関氏に難色を示し、これに社外取締役で指名委員の豊田正和元経済産業審議官と木村康JXTGホールディングス相談役が同調したとされ、結局、内田氏が抜てきされた。

    残り150文字(全文457文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事