週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 1917 命をかけた伝令 映像以外のメタ情報一切なく 切れ目なき視界に観客を投入=勝田友巳

    (c)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
    (c)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

     第一次世界大戦中の伝令兵が過ごした決死の一昼夜を、始めから終わりまで、同じカメラで途切れず撮り続けた(ように見える)“全編ワンカット”映画。と言われて何がすごいのかピンとこなくてもまずはご覧あれ。ただならぬ迫力に圧倒されるに違いない。

     1917年、北フランスの戦場にいた英国軍上等兵スコフィールドとブレイクは、東部に展開中の友軍に、翌朝の攻撃を中止する命令を伝えるよう命じられた。ドイツ軍は撤退したと見せかけて、英国軍を待ち伏せしていたのだ。攻撃に参加する1600人の兵士の中には、ブレイクの兄も含まれていた。

     早朝、林で上官に起こされるところから、カメラはブレイクに張り付いている。司令部で状況を知らされ命令を受けると、緊迫の度合いが跳ね上がる。限られた時間、敵地の危険、肉親への情愛。観客は2人とともに、戦場のただ中に飛び込むのである。

    残り759文字(全文1130文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット