教養・歴史アートな時間

映画 スキャンダル 勧善懲悪では終わらない難問 権力濫用の先にはなにが潜む?=芝山幹郎

    (c)Lions Gate Entertainment Inc.
    (c)Lions Gate Entertainment Inc.

     アメリカでは派手に報道された話だから、記憶している方が多いかもしれない。

     FOXニュース社のCEOロジャー・エイルズが度重なるセクシャル・ハラスメントで告訴され、辞任に追い込まれたのは大きなニュースだった。

     エイルズが辞任したのは2016年7月のことだ。共和党支持を露骨に打ち出し、高い視聴率を叩き出してきたFOXニュース社の内部で、いったいなにが起こっていたのか。映画は、3人の女性キャスターを通してその内幕を描き出す。

     3人のうちふたりは、実在のエース・キャスターだ。ひとりは元弁護士のメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)。もうひとりは元ミス・アメリカのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)。ふたりとも40代で、共通するのは、氷の微笑と鋼の野心だ。そして3人目は架空の人物ケイラ・ポスピシル(マーゴット・ロビー)。こちらも野心は強いが、キャリアが浅く、どこか危なっかしい。

    残り764文字(全文1161文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット