教養・歴史アートな時間

映画 愛国者に気をつけろ!鈴木邦男 「真に善きこと」を追究する右派思想家の無欲な生き様=寺脇研

    (c)オンファロスピクチャーズ
    (c)オンファロスピクチャーズ

     ドキュメンタリー映画が元気だ。昔は「文化映画」と称されて、公民館など公共施設でひっそりと上映されていたのが、今や映画館で堂々と公開されるのが普通になった。ドキュメンタリーのリアルさが、観る者を惹(ひ)きつけているようだ。そこには、劇映画のフィクションとは違う、この社会の現実そのものがある。

     では、この映画に描かれているのは何か。

     鈴木邦男という希有(けう)な知識人のユニークな半生が、彼の生きてきた時代の歴史とともに展開されていく。ルーツは1960年、17歳のときに起きた同年齢の右翼少年・山口二矢(おとや)による浅沼稲次郎社会党委員長暗殺事件だ。それに刺激を受け、大学時代は右派の学生運動で活躍した。卒業後は新聞社に就職したものの、70年に学生運動時代の仲間・森田必勝が三島由紀夫と自決した事件にいても立ってもいられず、自ら政…

    残り761文字(全文1127文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット