教養・歴史アートな時間

美術 ハマスホイとデンマーク絵画 魅了する静まり返った室内 簡潔な印象が際立つ風景画=石川健次

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵 Nationalmuseum, Stockholm Photo: Nationalmuseum
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵 Nationalmuseum, Stockholm Photo: Nationalmuseum

 聞きなれない名前かもしれない。デンマークの画家、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~1916)である。印象派に続いてポスト印象派が登場し、さらにフォーヴィスムやキュビスムなど新たな動向が多彩に展開していた1900年前後のヨーロッパ、ハマスホイは首都コペンハーゲンでそうしたメインストリームの喧騒(けんそう)から離れ、北欧のやわらかな光が射(さ)しこむ静まり返った室内や後ろ向きの女性を黙々と描き続けた。

 没後、喧騒から置いていかれたように一時、時代遅れとみなされたが、90年代以降になって欧米の美術館で次々と展覧会が開かれるなど再評価が進み、日本でも2008年に初めての展覧会が開かれた。初めてその名に触れ、にわかにファンとなった私にとっても、日本初公開を含むハマスホイの作品約40点が集う本展は待望の機会だ。

残り911文字(全文1267文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事