教養・歴史アートな時間

映画 嘘八百 京町ロワイヤル 前作をしのぐ華麗さとスケール だまし、だまされる娯楽傑作=野島孝一

    (c)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
    (c)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

    「嘘八百」は、骨董品をめぐって、劇中の登場人物と一緒に観客もだまそうとする「コンゲーム」映画として好評だった。だが、まさか続編が作られようとは、思ってもみなかった。それは一話完結の完成度が高かったためだ。それと、「嘘八百」のテーマだった千利休の贋作(がんさく)のような素材が、そうそうどこにも転がっているとは思えなかった。だが、武正晴監督とそのチームは、古田織部の幻の茶碗(ちゃわん)という奇手を繰り出してきた。

     コンゲームの観客は、予想が外れて思いがけない展開になるほど大喜びする。映画にまんまとだまされて喜ぶ…

    残り838文字(全文1094文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット