経済・企業エコノミストオンライン

遅れる737MAX運航再開 エアバス攻勢に打つ手なし=吉川忠行

    英航空ショーで飛行する737MAX(英南部ファンボローで、筆者撮影)
    英航空ショーで飛行する737MAX(英南部ファンボローで、筆者撮影)

     航空業界の巨人、米ボーイングが不振にあえいでいる。1960年代から製造が続くベストセラー小型機737の最新型、737MAXの墜落事故が相次いだためだ。FAA(米連邦航空局)など各国の航空当局による安全性の認証に時間がかかっており、2020年1月からMAXの製造を一時中断。製造済みの機体は約400機にのぼり、MAX問題に対処するため借り入れを増やすとみられている。昨年末にはデニス・ミューレンバーグ社長兼最高経営責任者(CEO)が引責辞任しているが、安全性が当局から認められない限り、航空会社は同型機の運航を再開できず、ボーイングは新造機を顧客へ引き渡せない。すなわち、MAXによる売り上げが復活せず、補償費用がふくらむ一方だ。

    残り2116文字(全文2431文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事