教養・歴史書評

戦後を通じて類書なし 80年ぶりに名著復活=今谷明

     刀剣は、神話時代までさかのぼって、作刀および残された刀について記録されている。奈良石上(いそのかみ)神宮蔵の七支刀(しちしとう)や埼玉稲荷山古墳出土の鉄剣等がそれで、特に後者は刀身に金の銘文が彫り込まれ、ワカタケル大王(雄略天皇)治世の471年に作られた貴重な文化財である。

     刀剣は所持に免許が必要で、美術品として買い取り・販売等の取引も盛んであり、一方鑑賞の対象として若い女性にも人気があって、一部のマニアを「刀剣女子」とも呼んでいる。熱狂的なファンもいるらしい。

     本間順治著『日本刀』(岩波新書限定復刊、920円)は、1939年という戦前の著作で、戦後も類書がなく、新書としては珍しく古典として復刊されたものだ。その背景を私考するに、戦後は武器兵器の研究など歴史家から忌避され、美術としての刀剣でさえ研究が少なかったものと思われる。

    残り544文字(全文913文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット