国際・政治エコノミストオンライン

勢いを増す「緑の党」 政権獲得に現実味=森井裕一

ベアボック共同党首は80年生まれ(緑の党提供)
ベアボック共同党首は80年生まれ(緑の党提供)

 1980年1月に結党されたドイツ緑の党は40周年を迎えた。最近の世論調査で緑の党はメルケル首相の与党キリスト教民主同盟(CDU)に次ぐ支持を集め、政党支持率の高さでは第2党の地位を維持している。これまでCDUと大連立政権を組んできた社会民主党(SPD)は退潮著しく、今、選挙が実施されればSPDは大敗し、政権はCDUと緑の党の連立となるか、そこに自由民主党(FDP)が加わる可能性が高い。2019年5月に実施された欧州議会選挙でも緑の党はドイツ内でCDUに次ぐ票を得た。

 この背景には、ドイツでは地球温暖化問題が非常に大きな社会的テーマとなっていることがある。比較的自然災害の少なかったドイツでも、大雨、洪水などがしばしば見られるようになり、夏の異常な暑さが大きな話題となった。緑の党は早期かつ大胆な対策を求めている。

残り1933文字(全文2293文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事