テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

CESで発表が相次いだミニ/マイクロLEDの進化=津村明宏/39 

    ソニーのCrystal LEDディスプレイ(InterBee2019にて筆者撮影)
    ソニーのCrystal LEDディスプレイ(InterBee2019にて筆者撮影)

     1月7~10日に米ラスベガスで開催された世界最大の技術見本市「CES2020」。ここで注目を集めた展示の一つが、次世代ディスプレー技術として期待されるミニ/マイクロLEDである。家電やデバイスメーカー各社が最新技術を披露した。価格は既存の液晶や有機ELに比べてまだまだ高価になりそうだが、一部は実際に商品化され、年内にも一般消費者が手に取ることができそうだ。

     ミニLED、マイクロLEDとは、発光ダイオード(Light Emitting Diode=LED)のチップサイズを従来よりも極めて小さくしたものを指す。電子機器や照明に使用されるLEDチップのサイズはおおよそ300~350マイクロメートル角だが、一般的にミニLEDは100~200マイクロメートル角、マイクロLEDは数十マイクロメートル角と小さく、面積にするとマイクロLEDチップは汎用(はんよう)…

    残り3507文字(全文3887文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット