テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

パワー半導体で大口径化 需要増大への対応が急務に=津村明宏/40 

    インフィニオンのフィラッハ工場。左奥が12㌅工場の完成イメージ(インフィニオンテクノロジーズ提供)
    インフィニオンのフィラッハ工場。左奥が12㌅工場の完成イメージ(インフィニオンテクノロジーズ提供)

     2019年時点で世界の半導体市場は約45兆円に上る。発明から70年でこれほど大きな市場を形成するに至ったのは、「大口径化と微細化」という成長の黄金律が存在しているためだ。大口径化とは、半導体の基材であるシリコンウエハーの直径を順次大きくしてきたこと。微細化とは、シリコンウエハー上に形成するチップの線幅を細くし、チップ面積を小さくして、ウエハー1枚から取れるチップ数を増やすことだ。技術を年々進化させ、半導体は1チップに多様な機能を搭載し、生産量を劇的に増やすと同時に製造コストを大幅に低減し、あらゆる電子機器に搭載の幅を広げて社会を大きく変革してきた。

     現在、最先端の半導体チップは、基材のシリコンに直径300ミリメートル(12インチ)のウエハーを用い、回路の線幅を7ナノメートルにまで微細化することに成功しており、年内にはさらに微細な5ナノメートルで製造されたチップも登場する見通しとなっている。

    残り3204文字(全文3605文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事