テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

開発進む次世代蓄電池 材料や構造を大きく変更=中村剛/41 

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    詳しくはこちら

     スマートフォン(スマホ)をはじめとする電子機器において、今やなくてはならない存在となったリチウムイオン電池。電気自動車(EV)の普及など今後のさらなる充電デバイス需要の拡大を背景に、「ポストリチウムイオン電池」とも言うべき次世代蓄電池の研究開発が活発化している。その代表格とも言える全固体電池は、大手電池メーカーだけでなく自動車メーカー、電子部品メーカーらが参入し、一部で製品化がスタートした。さらに海外企業が取り組んでいるナトリウムイオン電池やリチウム硫黄電池、三洋化成工業が工場設立をアナウンスした全樹脂電池などさまざまなタイプが登場し、まさに多士済々といった状況となっている。

     リチウムイオン電池は正極と負極の間でリチウムイオンを移動させることで充放電を行う仕組みを持つ充電池だが、1990年代初頭に実用化されて以来、正極と負極、イオンが移動する電解質の材料を工夫することで性能向上が図られてきた。ただ、近年では材料組成の見直しによる性能向上に限界が見えてきていることに加え、電解質に可燃性の有機溶媒を使うことによる発火リスクが存在し、電気自動車など高性能かつ安全性が求められ…

    残り2948文字(全文3447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット