教養・歴史アートな時間

舞台 こまつ座「きらめく星座」 忍び寄る戦争と庶民生活 言葉の力、輝く長台詞に注目=濱田元子

    こまつ座「きらめく星座」2017年の舞台より 夛留見彩撮影
    こまつ座「きらめく星座」2017年の舞台より 夛留見彩撮影

     時代と人間を深く見つめ、機知とユーモアあふれる言葉でやさしく包み込んだ劇作家・井上ひさしが亡くなって、この4月で10年となる。節目にあたり、こまつ座が「きらめく星座」を上演する。井上の70に及ぶ戯曲の中でも人気の高い音楽劇だ。栗山民也が演出する。

     舞台は昭和15(1940)年秋から16年の冬のはじめにかけての東京・浅草の小さなレコード店「オデオン堂」だ。ジャズや歌謡曲が好きな店主の信吉(久保酎吉)と妻ふじ(松岡依都美)らの小笠原家に、広告文案家の竹田慶介(大鷹明良)らが居候している。

     ある日、陸軍に入隊していた長男正一(高橋光臣)が脱走し、憲兵伍長(ごちょう)権藤(木村靖司)が監視として住み込む。また、長女みさを(瀬戸さおり)が堅物の傷痍(しょうい)軍人、源次郎(粟野史浩)と結婚。一家は騒動にのみ込まれていく。

    残り842文字(全文1203文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事