教養・歴史書評

中国 贋作か盗作か? 出所不明の評論文=辻康吾

 ニューヨークに本社を置く『多維新聞(Duowei News)』は中文のネット・メディアとして世界最大、中国当局の息がかかっていると言われている。だが中国国内では見ることができないうえ、国際的メディアであるためか報道姿勢は中国当局よりやや柔軟で、時には中国に対する批判的報道もないわけではない。

 その多維新聞が1月7日に「大陸で熱烈に伝えられているネット論文清末の狂気の自己満足」と題する中国近代史研究所の雷頤(らいい)研究員のものとされる評論を伝えた。その内容は19世紀、西欧列強の進出に対抗して日本は明治維新で速やかに「脱亜入欧」し、列強に並んだが、清朝は朝廷内部の頑迷固陋(ころう)な保守派と民衆の偏狭な愛国主義によって改革に失敗、結局清朝は倒れ、列強の侵略を受けることになったというものだ。だが同評論はそれだけでは終わらず、さらに「今日になってもまだ大同の夢を…

残り576文字(全文960文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事