国際・政治労基署はここを見る 働き方改革法

独州首相選で右翼政党と結託  「戦後最悪」政界に深い傷痕=熊谷徹

    激震は止まらない(辞意を表明したクランプカレンバウアー党首)(Bloomberg)
    激震は止まらない(辞意を表明したクランプカレンバウアー党首)(Bloomberg)

     2月5日に旧東独テューリンゲン州議会で行われた首相選で、保守中道・自由民主党(FDP)の議員が右翼政党・ドイツのための選択肢(AfD)の票を借りて首相に当選。この国の中央政界をも揺るがす激震となった。ネオナチに近い議員を抱える政党が、「キングメーカー」になったのは、戦後初めて。2月10日にはメルケル首相の後継者と目されていた、キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー党首も辞意を表明するなど、政局の混乱が続く。

     ドイツの日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は、2月6日付紙面で「AfDの狙いは、社会民主党(SPD)、左派党、緑の党から成る連立政権(赤・赤・緑政権)を崩壊させ、左派党のラメロウ首相を追い落とすことだった。AfD議員団はそのために自党の候補者ではなく、FDP議員のケメリヒ氏に全票を投じた。CDU議員団も赤・赤・緑政権に反対してケメリヒ氏に票を与えた。この結果、ケメリヒ氏の票数はラ…

    残り924文字(全文1337文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事