週刊エコノミスト Online話題の記事

GDP年率6・3%減 新型肺炎拡大で大型イベント中止 2020年はマイナス成長の予測も=市川明代

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

    詳しくはこちら

     内閣府が2月17日に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、消費増税と台風被害、暖冬により、実質で前期比1・6%減、年率換算で6・3%減と大幅なマイナス成長に陥った。新型コロナウイルスの影響で、イベントを中止したり外出を控えるなどの自粛ムードが広がっており、20年1~3月期の2期連続マイナスは必至。通年でもマイナス成長になるとの見方が出ている。

     感染拡大を受け真っ先に中止が発表されたのは、不特定多数の人が集まる大型イベントだ。規模が大きいのはスペイン・バルセロナのモバイル見本市「MWC」。スマートフォンや次世代通信規格5Gの新技術が展示され、10万人が来場する予定だった。国内でも、パシフィコ横浜(横浜市)で2月27日から開催予定だったアジア最大級のカメラ見本市「CP+2020」(来場予定者約7万人)など中止や延期の発表が相次いだ。

    残り627文字(全文1017文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事