教養・歴史よみがえる宇沢弘文

戦友が語る 宮本憲一 “新古典派経済学者・宇沢弘文”は『自動車の社会的費用』で変貌した

    宮本憲一(大阪市立大学名誉教授)
    宮本憲一(大阪市立大学名誉教授)

     私が公害に直面したのは1960年代初め、四日市で調査を始めたときだった。「東洋一の石油化学コンビナート」と称賛される陰で、「四日市ぜんそく」で知られることにもなる深刻な被害が起きていた。大学への委託調査で公害を示すデータが出ていたのに、取材した三重県は調査結果を隠したままだった。

     きれいな海岸は埋め立てられ、被害は子供や老人、身体障害者にしわ寄せされ、企業や自治体は情報を隠している。義憤から公害研究に入り、「しのびよる公害」(『世界』62年12月)を世に問うた。社会科学者による戦後初めての公害論といわれた論文に関心をもってくれたのが都留重人さんだった。

    残り2242文字(全文2522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事