週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

政労使協調で非正規待遇改善を=島村玲雄

    蘭では三者「痛み分け」奏功

     2020年4月より「同一労働同一賃金」が開始され、日本でも正規雇用労働者と、派遣やパートなどの非正規雇用労働者に対する不合理な待遇差の解消を目指すことになった。業績に応じた賞与などは認めるが、通勤手当や役職手当など各種手当、食堂や社宅などの福利厚生においては待遇差が認められない。

     日本における非正規労働は、企業や労働者双方が柔軟な働き方を選択できる一方で、正社員と比べて非常に待遇が悪いため、安定した働き方を望み、家計を担う主たる稼得者には不安定な労働環境を強いている。この格差を是正するため、政府は「同一労働同一賃金」に解決策を見いだしている。ただし、同法では違反した企業に対する罰則規定がないことや、正社員に対する不利益変更を行う場合には、正社員が組織する労働組合の合意が必…

    残り2211文字(全文2565文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事