教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『日本のイスラーム 歴史・宗教・文化を読み解く』 著者・小村明子さん

     ◆著者 小村明子さん(立教大学社会学部兼任講師)

    人は「文化」と一緒にやって来る 学び合い、ルールづくりを

     観光ではなく、生きる場所として日本に来る外国人が増えてきた。そんな中、理解が最も遅れている相手として、ムスリム(イスラム教徒)がいるのではないだろうか。ムスリム受け入れの課題について新刊を出した小村明子さんに話を聞いた。

    「1980年代後半から、多くのムスリムが働くために来日しました。来日したのは男性で単身者が多く、彼らと出会い結婚した日本人女性がイスラム教に改宗するケースが必然的に多くなりました。現在は、彼らムスリム家族とその第2世代、そしてニューカマーとしてイスラム圏からの留学生が増えました。そこが昔との大きな違いです」

    残り980文字(全文1298文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事