国際・政治中国発 世界不況

習近平政権 国家主席3選に暗雲 次の指導部候補が浮上=坂東賢治

    (注)習派は習近平氏に近い党幹部。団派とは共産主義青年団(共青団)出身者を中心とする勢力(共青団派)
    (注)習派は習近平氏に近い党幹部。団派とは共産主義青年団(共青団)出身者を中心とする勢力(共青団派)

     中国の習近平国家主席(66)にとって17年10月の第19回中国共産党全国代表大会が権力の絶頂期だった。翌年からは米中貿易戦争が始まり、昨年に香港で反中デモが続いた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われた。2022年の第20回党大会で3選を果たし、毛沢東に並ぶ権威を確立するという政権戦略にも少なからず影響を与えそうだ。

    残り2142文字(全文2306文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事