国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

繊維生産が新型肺炎で停滞 生地不足でさまよう企業も=岩下祐一

    春節休暇中の閑散とした上海市街(筆者撮影)
    春節休暇中の閑散とした上海市街(筆者撮影)

     新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が、中国の繊維品生産に深刻な影響を与えつつある。糸や生地、縫製工場の一部は約10日遅れで生産を再開したが、稼働率はまちまちで、正常化にはほど遠い。稼働できないところもまだある。こうした「川下」の生産停滞で「川上」の化繊の原料工場では在庫が膨らんでいる。

     新型肺炎を受け、中国政府は1月30日までだった春節(旧正月)休暇を2月2日まで延長。その後、多くの地方政府が企業の操業再開を2月10日以降とし、繊維工場の一部は10日から再稼働した。

     日本や欧米のブランドを受託生産(OEM)する江蘇省の大手企業は2月10日、地元出身の工員だけで生産を再開。初日の稼働率は55%だった。一方、欧米スポーツ向けの合繊織物を手掛ける台湾の福懋興業(フォルモサ・タフタ)の上海工場は、2月10日の週の稼働率が約3割にとどまった。

    残り949文字(全文1323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事