国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

新型肺炎で続く外出控え 景気減速も“在宅経済”は伸長=岸田英明

人影もまばらな上海のショッピングエリア(Bloomberg)
人影もまばらな上海のショッピングエリア(Bloomberg)

 2019年12月8日に湖北省武漢市で新型コロナウイルス肺炎の初症例が確認されてから2カ月余り。感染者と死者の数は02~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)を大きく上回るほか、六つの“無感染省”があったSARSと異なり、全省で症例が出た。死者の9割超は湖北省に集中するが、強力な防疫対策が全国で行われ、国民生活や企業活動に大きな影響を及ぼしている。

 流行終息の時期は楽観論でも「3~4月」、悲観論では「秋口まで」との見方がある。中国経済への影響について現時点で確実に言えるのは、1~3月期の景気の大減速が不可避なことだ。SARSの景気下押し圧力が最大化した03年4~6月の成長率は前年同期比9・1%で、1~3月の11・1%から約2割減速した。これを単純に今回に当てはめれば、19年10~12月の6・0%から20年1~3月は4・9%へ減速することにな…

残り963文字(全文1343文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事