投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

内陸や高台を襲う都市型洪水/36 

    (出所)国土交通省国土地理院ホームページより編集部作成
    (出所)国土交通省国土地理院ホームページより編集部作成

     筆者のさくら事務所は「渋谷区桜丘町」にあり、国土地理院の地形分類では「山地」「台地・段丘」に該当する。標高も高く、浸水や液状化の可能性も低い。しかし、すぐそばの渋谷駅周辺の地形分類は、起伏が小さく低くて平坦な土地を示す「氾濫平野」となる。洪水で運ばれた砂や泥などが河川周辺に堆積(たいせき)したり、過去の海底が干上がってできた土地で、液状化のリスクがある。

     同様に周辺の「代官山町」「南平台町」「鉢山町」といった標高が30メートルほどある高台の高級住宅地であっても、「凹地・浅い谷」が存在し、大雨で雨水が集まりやすく、浸水のおそれがあり、地盤は軟弱な場合がある。地盤の強弱や水害の可能性は、地名である程度は分かる、と言われても千差万別であり、「丘」「山」「台」といった地名が付いていてもハザードマップで浸水可能性が指摘される地区と重なる場合がある。

    残り810文字(全文1185文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事