教養・歴史不動産コンサル長嶋修の一棟両断

自宅マンションでも集団感染/37

 世界は新型コロナウイルスの話題一色だ。私たちにできることは手洗いやうがいの励行、マスクの着用。あとは不要不急の外出を控えることくらいだが、ここでは自宅マンションでも集団感染する可能性に言及したい。

 2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)では香港のマンション「アモイガーデン」で集団感染が発生した。213人のSARS感染が疑われる入院患者が出たが、そのうち107人は同じ棟で、かつ各階の7号室・8号室に住む住民だった。各階は排水管が垂直につながっていた。

 トイレやキッチン、洗面台、バスルームには排水トラップが設置されており、下水からの臭気や虫などの侵入を防いでいる。しかし長期間不在にすると、排水トラップ内の封水が蒸発してしまい、排水口経由で下水から臭気や虫などが侵入することがある。実際、同マンションでは、トイレの悪臭による苦情が多く寄せられていた。

残り787文字(全文1171文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事