国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 宗教上の理由で五輪代表を断念=冷泉彰彦

    卓球の有力選手に同情の声が集まる(Bloomberg)
    卓球の有力選手に同情の声が集まる(Bloomberg)

     ニューヨーク近郊のロングアイランド郡ウェスト・ハンプステッド在住の卓球選手、エステー・アッカーマンさん(18)に対する同情の声が集まっている。

     アッカーマンさんは、2018年の卓球USオープンで五輪経験の豊富な中国選手を破り優勝するなど東京五輪でもメダルが期待されていた有力選手だったが、宗教上の理由で選考会に参加することができなかった。

     アッカーマンさんは戒律の厳しい正統派ユダヤ教徒。ユダヤ教の安息日である金曜日の日没から土曜日にかけては試合に参加することができない。

    残り247文字(全文484文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット