教養・歴史書評

『リブラの野望 破壊者か変革者か』 評者・平山賢一

著者 藤井彰夫(日本経済新聞上級論説委員) 西村博之(日本経済新聞編集委員) 日本経済新聞出版社 850円

制度疲労著しい金融界へ 飛び込み、刺激する新通貨

 本書は、2019年にセンセーショナルに登場した新デジタル通貨「リブラ」について、その仕組みと評価を手っ取り早く理解するために格好の書となっている。専門書として深掘りするのではなく、概括的に全体像を描こうとする試みは、現在進行形の金融事情をバランスよく整理するのに都合がよい。

 歴史を振り返ると、グローバル社会の大きな転向期には、必ずと言ってよいほど通貨の仕組みも変わってきた。第一次世界大戦期の金本位制離脱、第二次世界大戦末期のブレトンウッズ体制構築、高インフレ時代の幕開けとなったニクソンショックなどである。「ビットコイン」をはるかに上回り、世界中の人々の耳目を集める「リブラ」は、通貨システム転換のきっかけになる可能性もあり、大きな社会の変化の予兆として、リアルタイムで…

残り787文字(全文1202文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事