教養・歴史書評

『地経学とは何か』『グローバル・グリーン・ニューディール』『タカラヅカの謎』『モヤモヤの正体』

『地経学とは何か』 船橋洋一著 文春新書 900円

 軍事力ではなく、経済こそが争いの武器になってきた現代。地理的な環境をベースにした地政学に経済を加えた「地経学」の重要性を著者は説く。中国が官民一体の産業政策を強化する海底ケーブルは、新たな世界制覇の第一歩になるのか。世界の需要の2割にあたる石油が通過し、とりわけ日本が大きく依存しているホルムズ海峡の環境は今後どうなるのか。そして5Gや自動運転技術など競争が激しくなる中で日本には何が求められるのかを詳述する。(K)

残り724文字(全文958文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事