教養・歴史書評

ポピュリズム蔓延の現代 人権抑圧に向け警世の書=孫崎享

    ×月×日

     日本の憲法学者では樋口陽一、長谷部恭男、小林節、愛敬(あいきょう)浩二、青井未帆氏らは頂点にいる人々である。この方々が2014年「国民安保法制懇」を立ち上げられ、私も加わらせてもらっている。時たま会合がある。

     各人が発言していても、樋口氏が話されると皆は傾聴する。彼はまた、エレガントでおしゃれな方でもある。たぶん、今日「日本の知性5人」を選ぶとなると、必ずその中に入るのではないか。

     その樋口氏が『リベラル・デモクラシーの現在 「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで』(岩波新書、840円)を出された。岩波新書では1979年の『比較のなかの日本国憲法』、89年の『自由と国家』、99年の『憲法と国家』に次いで4冊目である。今日の時世が4冊目の本を書かせたのであろう。

    残り987文字(全文1328文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事