週刊エコノミスト Online注目の特集

新型コロナショック(2) 日本株 株価1万5000円台も=菊池真

大幅な下げを記録した日経平均株価、2月28日午後東京都千代田区で
大幅な下げを記録した日経平均株価、2月28日午後東京都千代田区で

 2月半ば過ぎから世界的に株式市場の下落が顕著になっている。日本株も例外ではない。新型コロナウイルス感染拡大が背景とされているが、日本株の場合、背景というよりもきっかけであり、ウイルス問題前にすでに大幅下落の要素があった。

 日本株の動きを振り返ると、昨年8月は業績懸念や米中貿易戦争激化懸念で、日経平均株価は2万1000円以下での推移だった。9月から上昇基調となり、12月には2万4000円台に達した。上昇の背景は「米中摩擦の緊張緩和や中国政府による景気対策などにより中国経済は底入れし、日本企業の業績は2020年度にV字型回復する」ということだった。

 しかし今年になって発表された19年10~12月期業績は低迷が続き、来期の業績回復を示唆する内容ではなかったうえ、同10~12月期国内総生産(GDP)は年率6・3%減と予想外の弱い数字だった。

残り949文字(全文1321文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事