国際・政治エコノミストリポート

中東 包囲されるイラン 危機あおる米主導の「黒い同盟」=宮田律

革命防衛軍のソレイマニ司令官の葬儀に参加する参列者(20年1月6日、首都テヘラン) (Bloomberg)
革命防衛軍のソレイマニ司令官の葬儀に参加する参列者(20年1月6日、首都テヘラン) (Bloomberg)

 1月3日、イラン革命防衛隊で、対外的活動を担ってきた「コッズ部隊」のソレイマニ司令官と、イラクの準国軍ともいえる民兵組織・人民動員隊(PMF)のムハンディス副司令官がイラク・バグダッド国際空港を出たところで米軍のドローンによる攻撃で殺害されたことによって、米国とイランの緊張が一気に高まった。イランは、イラクの二つの米軍基地に弾道ミサイルで報復攻撃を行ったが、米トランプ大統領はイランへの反撃を控えたので、事態は一旦、沈静化したものの、2017年の米トランプ政権の発足以降、対立は激化している。

 トランプ政権の対イラン政策は、米国内の親イスラエル勢力、イスラエルの利益を守ることがキリストの復活を早めると考える米国内のキリスト教福音派、イラン・イスラム共和国体制を軍事的に打倒し、親米的な民主主義国家を樹立したいと考えるネオコン勢力、戦争で利益を上げようとする軍需産業──などの意向を反映したものだ。

残り3090文字(全文3491文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事