教養・歴史書評

派手だが中身はなし…… そんな男が一気に飛躍!=美村里江

    ×月×日

     きっちりしているようで安っぽい。題名とカバーデザインがマッチしていた『御社のチャラ男』(絲山秋子著、講談社、1800円)。舞台はどこにでもありそうな小規模食品会社「ジョルジュ」の社員たちの物語。オムニバス形式で、徐々に会社の内情と社員の素性が明らかになっていく。

     Aさんから見たBさんと、Bさん本人の内心は違うし、CさんからはAさんもBさんも同じ人種に見えている。複数の人間の外と中の違いを少しずつ理解していくことで、社員たちに好感を抱いていった。

     しかし「チャラ男」こと三芳道造部長の人物像評は、誰からも一定である。ドラマなどでよくいう「キャラ立ち」をしていて、外見を含むいいところもいくつかあるが、基本は安っぽく派手で中身がない。

    残り969文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事