週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

プラットフォーム企業生む“DX”=立本博文

    鍵は企業間のオープンな関係

    「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉をよく聞くようになった。DXは「デジタル技術の浸透が、生活や産業などのあらゆる分野をより良い方向に変化させる」という概念だ。企業によっては中期計画にDXを取り入れているところもある。DXが単にデジタル技術での業務改善を意味しているだけならばいいのだが、DXには「デジタル技術で産業が変わる」という重要な視点が含まれており、これが大きな経営課題に結びつく。

     思い返せばDXが最も早く起こり、そして産業に大きく影響を与えたのは、IT・エレクトロニクス分野だった。特に1990年代のコンピューター産業では、大きな産業構造の変化が起きている。

    残り1967文字(全文2275文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事