週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

プラットフォーム企業生む“DX”=立本博文

    「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉をよく聞くようになった。DXは「デジタル技術の浸透が、生活や産業などのあらゆる分野をより良い方向に変化させる」という概念だ。企業によっては中期計画にDXを取り入れているところもある。DXが単にデジタル技術での業務改善を意味しているだけならばいいのだが、DXには「デジタル技術で産業が変わる」という重要な視点が含まれており、これが大きな経営課題に結びつく。

     思い返せばDXが最も早く起こり、そして産業に大きく影響を与えたのは、IT・エレクトロニクス分野だった。特に1990年代のコンピューター産業では、大きな産業構造の変化が起きている。

    残り1980文字(全文2275文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット