国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

結婚式禁止、マンションで検温… 北京・東京で違うコロナ対応=岸田英明

    北京の横町、胡同に通じる道には検問所が設けられている=北京市で3月17日(Bloomberg)
    北京の横町、胡同に通じる道には検問所が設けられている=北京市で3月17日(Bloomberg)

     中国で新型コロナウイルスの流行拡大がピークを迎えていた2月15日、筆者は駐在先の北京から東京に一時的に戻った。中国全土で日々、数千人の新規感染が確認され、“ゴーストタウン”化した当時の北京と比べると、今の東京はずっと活気がある。

     当時の北京の地下鉄やバスは空気を運んでいるような状態だった。市民の外出控えに加え、春節休暇を過ごした故郷から移動制限で戻ってこられない住民も多かった。飲食店は春節休業を延長するか、営業してもテークアウトや限定メニューのみの店が多く、当局の指示に従って客を2~3人ずつ分散させて座らせる店もあった。結婚式などの大規模な会食は禁止され、映画館やジムなど人が密集する施設も閉鎖されていた。このほか、マンションの入り口で検温が実施されたり、北京市民が国民IDとひも付いた健康状態管理アプリの使用を義務付けられたりと、東京では見られない厳格な対応が取られていた。

     一方、中国から1カ月ほど遅れて流行拡大期を迎えた3月中旬の東京では、朝夕のターミナル駅は通勤客でにぎわい、一部の電車やバスは満員で運行している。飲食店は客足こそ減ったものの、ほとんどが通常通り営業しており、大人数での宴席も普通に見られる。筆者が滞在している品川のホテルでは…

    残り794文字(全文1323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット