投資・運用独眼経眼

失業保険申請急増で雇用統計に暗雲=藤代宏一

    (出所)Refinitivより筆者作成
    (出所)Refinitivより筆者作成

     目下、最も注目されているデータは新型コロナウイルスの感染者数である。

     言うまでもなく、全世界の全ての経済活動は、何らかの形で新型コロナウイルスの影響を受けている。本稿執筆の3月23日時点においては、中国、韓国、日本といったアジア諸国において感染者数の伸びが一定程度抑制されつつある一方、欧州、米国は増加ペースが鈍らず、世界の感染者数は増加の一途をたどっている。

     金融市場では世界的に株価が下落しているほか、先進国の債券市場ですら売り圧力にさらされ、安全資産の代表格である「金」も投げ売りの対象になっている。金融市場が最も恐れていた米国への感染拡大が現実になってしまった今、世界経済は未曽有の危機ともいえる状況に直面している。

    残り695文字(全文1008文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット