経済・企業独眼経眼

中国経済データは前代未聞の急落=藻谷俊介

     新型コロナウイルスは決して致死性の高いものではないとはいうものの、拡散のスピードには、目まいを感じるほどの勢いがある。

     3月26日までの7日間のデータで計算すると、累計感染者数が10倍になるのにかかる日数は、米国でわずか9日、ドイツと英国が13日、イタリアが24日、日本は48日。重心はとうにイタリアを離れ、後発の英独、そして米国へと急速に移動している。いずれも時間の経過とともに少しずつ緩やかになる傾向はあるが、日本にいると、欧米の医療崩壊含みの緊迫感を理解し損ねるリスクがある。米国で2兆ドルもの経済対策が出てきたのには、理由があるのだ。

     他方、先行した中国では2月の経済データが発表され、これも別の意味でショックをもたらしている。図1は中国の鉱工業生産指数の季節調整値であるが、たった1カ月の間にピークの約3分の1を失うという記録的な悪化を示した。戦後の主要国の統計では目にしたことのない“絶壁”である。

    残り665文字(全文1071文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事