投資・運用独眼経眼

財政ファイナンスの効果と副作用=渡辺浩志

    (出所)IHSマーケット、ブルームバーグよりソニーィナンシャルホールディングス作成
    (出所)IHSマーケット、ブルームバーグよりソニーィナンシャルホールディングス作成

     本年初に始まった世界景気の回復は、新型コロナウイルスの感染拡大により腰折れした。感染抑止の隔離政策は経済活動を強制停止させるものであり、世界的な景気後退は不可避となった。

     金融市場ではこの間、劇的な変化が起こっている。3月上旬には、世界の投資マネーが株式や原油などのリスク資産から米国債へ退避し、米10年国債利回りが急低下、史上最低となる0・31%を付けた(図1)。また、原油価格の急落が、米国のエネルギー関連企業の経営を悪化させ、低格付け社債の暴落とともに信用不安を招いた。

     3月中旬以降は、不安心理の高まりを背景に、あらゆる資産を投げ売りして現金化を急ぐ動きが強まり、ドルの流動性が枯渇。強烈なドル高となった。

    残り780文字(全文1088文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事