投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

今年の地価上昇は当てにならない/40

    (出所)東日本不動産流通機構、東京証券取引所
    (出所)東日本不動産流通機構、東京証券取引所

     2020年の地価公示は、地価の上昇が東京などの三大都市圏や、札幌や福岡といった大きな都市だけでなく、広く地方にまで及んでいることを示す結果となった。全国平均は5年連続の上昇。地方でも28年ぶりに上昇に転じ、地価上昇が大都市から地方へと波及した。

     用途別では「商業地」が全国平均でプラス3・1%と5年連続で上昇し、東京、大阪、名古屋の三大都市圏は平均でプラス5・4%、札幌、仙台、広島、福岡の「地方4市」が平均でプラス11・3%と上昇幅が拡大。「その他の地域」もプラス0・3%とバブル崩壊直後の1992年以来上昇に転じた。

     住宅ローンの金利が低く住宅需要が堅調なことに加え、国内外からの観光客でホテルや店舗向けの土地の需要が高まっている。さらに働き方改革で職場環境を改善するため、より広いスペースを確保しようとする会社が増え、オフィス需要が高まっていることなども背景にあると報じられた。

    残り868文字(全文1261文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事