教養・歴史闘論席

古賀茂明

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     第2次安倍晋三内閣になって7年余り。アベノミクス、1億総活躍、女性活躍、働き方改革など、派手なスローガンを次々と繰り出してきた。一方、歴代政権の標語として常に掲げられてきたのに、最近ほとんど聞かなくなった言葉がある。「行政改革」と「公務員改革」だ。この二つの言葉は、安倍政権の下では「死語」と化した感がある。

     先日、ある中堅官僚と会食した。所属官庁傘下の独立行政法人に理事として出向している彼の言葉が象徴的だ。

    残り602文字(全文808文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事