【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

新型コロナ禍を招いたのは「グローバリズム」だ=小林よしのり(漫画家)

	企業改革経営者及び新事業挑戦者表彰式で、竹中平蔵金融・経済財政担当相(左)と話をする日産自動車のカルロス・ゴーン社長=首相官邸で2002年(平成14年)10月16日、草刈郁夫撮影
企業改革経営者及び新事業挑戦者表彰式で、竹中平蔵金融・経済財政担当相(左)と話をする日産自動車のカルロス・ゴーン社長=首相官邸で2002年(平成14年)10月16日、草刈郁夫撮影

 わしはかれこれ20年近くグローバリズムに反対してきた。グローバリズムは国境の壁を限りなく低くして、ヒト・モノ・カネ・サービスを世界中自由に行き来させるものである以上、当然ウイルスだって自由に国境を越えてくる。その危険性もずっと警告してきたが、誰も耳を貸さなかった。

 それが今や新型コロナウイルスの脅威で、各国が国境の壁を限りなく高くして鎖国状態である。笑えるのは、欧州連合(EU)までが国境を封鎖し始めたことだ。そしてEUに強いられた緊縮財政策で医療機関を減らしてきたイタリアは、医療崩壊を起こしている。

 新型コロナにはグローバルな対処法など存在せず、まさに国柄や国民性に合わせた、国家ごとの対策を採るしかなくなっている。

 日本は歴史的に衛生観念が強い国で、幕末に来日した欧米人が口々に「世界一清潔な国」と感嘆したほどだ。あいさつにしてもキスやハグ、ビズといった濃厚接触でなく、他人と距離をとるお辞儀の文化を持つ。日本の国民性からすれば手洗いさえ徹底させれば、持病のある高齢者以外はそれほど恐れなくていい。

 新型コロナは指定感染症2類相当で、医療崩壊をしなければ致死率は1%前後で収まるという。だが将来はエボラ出血熱のように、致死率が5%、10%を超える1類感染症が入ってくるかもしれない。グローバリストはその危険性を放置したまま、喉元過ぎればグローバリズムに戻せと主張するつもりだろうか?

 わしは何も鎖国せよと言っているのではない。各国の国境と文化と安全保障を意識したインターナショナリズムにかじを切るべしと言っているのだ。新型コロナを教訓として、世界をそんな方向に変えていく外交ができないものだろうか。

(小林よしのり・漫画家)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事