経済・企業深層真相

ANA社長レースに異変 ピーチから井上氏返り咲き

井上慎一氏 
井上慎一氏 

 ANAホールディングス(HD)と全日本空輸(ANA)の次期社長レースに異変が出てきた。2015年、ANAHDのトップに就いた片野坂真哉氏、17年にANA社長となった平子裕志氏は東京五輪を花道にともに来年の交代が確実視されていた。ポスト片野坂は営業畑の長峯豊之副社長が本命視されていたが、コロナ禍の余波で今春退任。代わって、グループESG経営推進会議議長を務める伊東…

残り275文字(全文458文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事