国際・政治深層真相

五輪延期決定後表舞台へ 目立つ都知事に冷めた目

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事が連日、外出自粛を呼びかける姿がおなじみになった。

 担当職員に代わって自ら初の緊急会見を開き、「都市封鎖」の可能性に言及したのは、国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期を示唆した直後の3月23日。都幹部によると、都の出方次第で「中止」に傾く恐れもあったため、我慢比べの状態が続いていたという。SNS(交流サイト)では「五輪にそんたくする必要がなくなったと…

残り320文字(全文532文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事