経済・企業深層真相

大和証券G本社に理系社長の誕生観測

2代前の社長だった鈴木茂晴氏
2代前の社長だった鈴木茂晴氏

 大和証券グループ本社で、理系社長が誕生するとの見方が出ている。次期社長の有力候補である荻野明彦専務は早大理工学部の出身で、企画、法務、人事と要職を担当している。特に社長の懐刀となる企画担当は、2代前の社長だった鈴木茂晴氏=写真、現会長の日比野隆司氏、そして現在の中田誠司社長と、3代のトップをまたいでの担当で、経営の連続性からいっても最有力との声は多い。

 同社は、国連が推進するSDGs(持続可能な開発目標)を経営の根幹に掲げ、アグリテックを活用した農業支援事業や、オリックスから買収した高齢者住宅・介護関連事業など、従来の証券業とは異なる知見が必要なビジネスも拡大中だ。

残り165文字(全文452文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事