教養・歴史不動産コンサル長嶋修の一棟両断

日本一空き家が多い世田谷区/43

    (出所)独立行政法人労働政策研究・研修機構より編集部作成
    (出所)独立行政法人労働政策研究・研修機構より編集部作成

     総務省の住宅・土地統計調査(2018年)によれば、日本で最も空き家が多いのは東京都世田谷区で4万9070戸。2位は同大田区の4万8080戸、6位に同足立区の3万9530戸と、上位に東京23区の都市が並んでいる。

    「空き家問題」といえば、人口減少や少子高齢化が著しい地方をイメージするが、いまだ人口増加を続けている大都市に多数の空き家が発生しているのは、いったいなぜなのか。

     理由は二つある。一つ目は「共働き世帯の増加」だ。子供がいない夫婦2人世帯のDINKSはもちろんだが、子供がいる世帯でも、保育施設に預けるほか親世帯との近居などで共働きを続ける傾向が顕著だ。図のように1990年代には専業主婦世帯と共働き世帯の比率は拮抗(きっこう)していたが、いまや共働き世帯が圧倒的多数を占める。背景には給与所得者の実質所得が年々下がり、共働きでなければ生活が苦しいといった経済的事…

    残り782文字(全文1168文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット