教養・歴史著者に聞く

『「発達障害」とされる外国人の子どもたち』 著者・金春喜さん

     ◆著者 金春喜さん(社会学研究者)

    あいまいな診断基準で苦しむ子どもの「生きにくさ」活写

     集中力を欠いたり衝動的な行動が多くなる「発達障害」が注目されている。これが原因で学校や職場などで生きにくくなっている人たちに手を差し伸べられるようになった一方、障害の有無の判断が難しいため、あいまいなまま支援を押し付けられる弊害も出ている。

     例えば、親とともに海外から来日した子どもたちが、日本語の不自由さによるコミュニケーション能力の低さから発達障害と診断され、特別支援学校に進むケースが見られる。

    残り1048文字(全文1293文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事