教養・歴史著者に聞く

『世界は贈与でできている』 著者 近内悠太さん

    『世界は贈与でできている』(ニューズピックス、1800円)
    『世界は贈与でできている』(ニューズピックス、1800円)

     ◆著者 近内悠太さん(教育者、哲学研究者)

    災厄で気付いた「日常」の尊さ 感謝求めない“無名の行為”

     プレゼントという行為は華やかだし、酔いやすい。しかし、自分は気付かないうちに何か受け取っていたようだ、と認識する瞬間の静かな衝撃のほうが、実は決定的なのだということが本書を読めば理解できる。

    「電車に乗っている時に東日本大震災に遭遇し、都市のインフラがいかに簡単に壊れてしまうか、痛感させられました。同時に、普段、当たり前に享受している日常って、実は誰かが保守・点検しているからこそ成立しているんだと思い至りました。この頃からずっと『贈与』という言葉を意識していました」

     贈与とはお金で買えない何かである。お金で買えるのはサービスだ。対して贈与は、すでに「受け取ってしまっている」という決定的な「遅れ」の認識から出発する。

    残り940文字(全文1301文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事