経済・企業深層真相

株主総会が感染源にも ネット開催に会社法の壁

     新型コロナウイルスの感染拡大で、3密(密集、密閉、密接)の場所での集会自粛を求められる中、上場企業の総務担当者が頭を抱えている。5月の連休明け以降、本格化する株主総会が新たな「クラスター」になりかねないからだ。

     6月は2000社以上の株式会社が株主総会を開催する予定だ。多くがネット活用を検討するが、「実は、ネットだけでの単独開催は現在の会社法では認められていない」(シンクタンク研究員)。

     経済産業省は、取締役や株主らがホールなどに集う総会を残しつつ、オンラインでの審議や決議を認める「ハイブリッド型」での開催を後押しする。例えば、ソフトウエア開発の富士ソフトが3月13日に開催した株主総会では、11人の株主がネット経由で出席し、タブレット端末を使って議決権も行使した。しかし、都内の会場には159人が集まった。6月に新型コロナが終息している可能性はほぼゼロで、このままでは、総会自体を開…

    残り228文字(全文624文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事