教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

10万円の給付金を受け取るべきかどうか悩みます/33

 Q 10万円の給付金を受け取るべきかどうか悩みます

 A 貨幣とは最終的な価値への橋渡し役にすぎないという理解を

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は国民全員に一律10万円の特別定額給付金の支給を決めました。でも、私は立場的に複雑な気分です。今はお金に困っていませんが、子供の教育費もかかり裕福でもありません。もらえるものを辞退するのもどうかという気がしているのですが。

残り1167文字(全文1355文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事