国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

デジタル人民元の試行開始 本格導入へ新型コロナも後押し=神宮健

    主要国初の法定デジタル通貨の本格導入が近づいている(Bloomberg)
    主要国初の法定デジタル通貨の本格導入が近づいている(Bloomberg)

     中国で「デジタル人民元」の試行が始まった。複数の中国メディアが、広東省・深圳、江蘇省・蘇州、四川省・成都、習近平国家主席が開発を主導する河北省・雄安新区で実証実験を実施していると報道。主要国初の法定デジタル通貨の実現が近づいている。

     中国人民銀行(中央銀行)は、2014年からデジタル通貨を研究してきた。その成果であるデジタル人民元は、流通現金(紙幣・硬貨)を代替するもので、用途は小売り・少額取引とされる。

     実際、発行・流通の方法は現金と似ている。まず、人民銀行が運営機関に対し、同額の準備金と引き換えにデジタル人民元を発行する。運営機関とは、商業銀行やアリババやテンセントといった第三者支払機関である。ユーザー(個人・企業)はこれらの運営機関で、自らの現預金とデジタル人民元を交換すると、スマートフォンにダウンロードしたウォレット(財布)に入る、という仕組みである。

    残り912文字(全文1298文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット