国際・政治ワシントンDC

安保理由に調達先規制 電力システム機器でも=川上直

    民間の機器調達事務は一層複雑に?(Bloomberg)
    民間の機器調達事務は一層複雑に?(Bloomberg)

     ワシントンDCは、いまだ外出禁止令が解除されていない。ワシントンに隣接し、筆者を含めて多くの日本人駐在員が居住するメリーランド州やバージニア州でも、一部経済活動再開の動きが見られるものの、外出は生活必需品の買い出しや自宅周辺の散歩などに事実上限られている。

     新型コロナウイルスは米国の日常風景をも一変させてしまった。当地のスーパーマーケットでは、店員と買い物客がにこやかに会話をすることが通常だし、見知らぬ客同士でも目が合えば笑顔で応え、立ち話をすることも多い。

     しかし、最近は皆、黙々と買い物をし、目が合って笑顔が返ってくることもなくなった。それどころか、筆者がアジア人だからだろうか、露骨に避けられたことも一度や二度ではない。米国社会の分断が叫ばれて久しいが、コロナウイルスの脅威によって、日常生活レベルでも「分断」が進む。

    残り940文字(全文1305文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット