国際・政治ワシントンDC

今度は「オバマゲート」 トランプ氏が頼る陰謀論=古本陽荘

    訴追取り下げ後、トランプ氏は「オバマ政権の標的にされた」とフリン氏を擁護(Bloomberg)
    訴追取り下げ後、トランプ氏は「オバマ政権の標的にされた」とフリン氏を擁護(Bloomberg)

     トランプ大統領が「オバマゲート」と名付けた陰謀論を掲げて、11月の大統領選で争う野党・民主党のバイデン前副大統領やオバマ前大統領の批判を繰り広げている。新型コロナウイルスへの対応が思うようにいかず、批判の矛先をかわす意図が透けて見える。

    「私が議員だったら、米国史上最大の政治犯罪であり、スキャンダルについて、オバマ前大統領に議会証言を求めるだろう」。トランプ氏は5月14日、ツイッターへの投稿で、オバマ氏を議会招致するよう求めた。

    「政治犯罪」とは、2016年大統領選でトランプ陣営とロシア政府が癒着していたとされた「ロシア疑惑」は潔白であったのみならず、オバマ政権がトランプ政権関係者にワナを仕掛けていたという説を意味する。その中心人物が、連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をした罪などに問われた元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のフリン被告だ。司法省は5月7日に突然、フリン被告の訴追を取り下げると発表した。

    残り867文字(全文1274文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事